記事一覧

シミに関係した紳胞が肌の弾力やハリを守る②

そんな色素細胞とお肌の崩壊は、認知症の患者さんでよく見かけられます。なぜならば、色素細胞は神経の一種であり、脳の神経細胞がダメージを受ける認知症の患者さんでは、色素細胞も破壊されてしまうからです。ここで、色素細胞と関係のある神経のお話を少しさせてください。神経といえば、脳の神経細胞から脊髄へとつながって、そこから全身へと結ぶネットワークが構築されています。脳が巨大都市とすれば脊髄は幹線道路です。大きな道路から側道がつながっているように、神経は臓器や肌などに向かって張り巡らされています。道路を走る車のように、神経には「神経伝達物質」による指令が走り、その指令によって電流のようなものが流されることで神経は働く仕組みになっています。

たとえば、手が熱い鍋に触れたときには、熱いと感じると同時に手は鍋から瞬時に離れます。頭で「熱いから手を離す」と考える前に手は熱い鍋から離れ、頭では「熱かった」と過去形で思うはずです。「手を離す」と考えてから行動しては、その間に、手は熱い鍋で火傷をしてしまいます。そのため、「熱い」と感じる指令は、側道から幹線道路に入るまでにすでに「手を引っ込める」という情報を神経に流しているのです。幹線道路の終着点にある脳にその情報が届くのは、「手を引っ込める」伝令が流された後になります。このように、脳で考えて指令を送るというよりも、脊髄や末梢神経で瞬時に反応できる仕組みを神経組織は持っているのです。神経の一種である色素細胞も、紫外線を強く浴びたときには、肌を防御すべく自然にメラニン色素を作るように設計されています。

その都度、脳で考えなくても色素細胞が反応しているのです。そして、脳で「シミを作りたくない。メラニン色素を増やさないで」と考えても、末端の神経系で行われている反応はコントロールできません。ところが、脳に行った出来事が、色素細胞に影響を及ぼすことがあるのです。それは、認知症の患者さんで良く見られる「褥瘡」という肌の病気で、床ずれによって肌の組織が壊死するのが特徴です。認知症の患者さんは、アルツハイマー病や脳血管障害などによって脳の神経細胞が極端に少なくなり、進行すると寝たきりの状態にもなります。ご自身で寝返りも打てなくなるため、床ずれを生じやすいのですが、そこに色素細胞が関与しているのです。

シミに関係した紳胞が肌の弾力やハリを守る①

美肌という言葉がよく使われていますが、そもそも美肌=若い肌ではなく、美肌=健康な肌ということになります。シワやシミもなく、弾力があってハリもある。40代や50代でそんな肌の状態を保っていれば、美肌を手に入れていることになります。しかし、肌の細胞は老化が始まっているため、20代のような弾力やハリをキープするのは難しい。それが、結果としてシミやシワができることにつながります。確かに肌は、表面のガーゼ、その下のハンカチ、さらに下にあるスポンジとイメージするならば、コラーゲンやヒアルロン酸は、スポンジの部分にたくさんあって、肌の弾力やハリを支えています。

ただし、もうひとつ忘れてはならない細胞があります。それは 「色素細胞」です。色素細胞と名前がついているように、シミの原因となるメラニン色素を作ることに関わる細胞です。シミが気になる女性にとっては、まさに敵のボスともいうべき存在です。しかし、健康な肌にとって、色素細胞は欠かせません。色素細胞は、スポンジとハンカチの間のつなぎ目に存在しています。スポンジの部分は「真皮」といい、上の部分が波打つような形状になっていて、ハンカチの部分の「表皮」と密着しています。波打っているのは、肌が引っ張られてもまた元に戻るように、アコーディオンの蛇腹のような役割を果たしているからです。

この蛇腹のような部分を専門用語では「真皮乳頭」といいます。真皮乳頭があるおかげで、肌は指で押してもすぐに元に戻るような弾力をキープしています。指先で肌をつかんで離しても、すぐに肌は元の状態に戻ります。これも、真皮乳頭の蛇腹のような形状のおかげなのです。この蛇腹を維持するために、欠かせないのが色素細胞です。真皮乳頭の上に色素細胞が鎖のようにたくさん連なって、蛇腹になるようにスポンジを支えているのです。色素細胞がなくなると蛇腹は維持できなくなります。すると、弾力やハリは失われてのっペりとした肌の状態になっています。スポンジの部分だけでなく、ハンカチの部分も破壊されて、お肌は崩れてしまうのです。

化粧品を使わなくても自然に消えるシミもある②

タチがよいシミといっても、肌にないにこしたことはありません。色素斑の一種には、若い人が悩まされやすいソバカスもあります。目の下の鼻の周辺に細かい斑点が広がり、その模様や形がスズメの卵に似ているため「雀卵斑」と名づけられています。これも、紫外線に反応して過剰にメラニン色素が作られて沈殿するという仕組みは、老人性色素斑と同じです。遺伝的な要素も強く、白人や肌の色の白い人には発症しやすい。顔だけでなく腕や背中などにもでることがあります。紫外線に反応しやすいため、ソバカスを防ぐためにも、紫外線対策は欠かせません。

また、中高年の女性に多く見られる 「肝斑」も、色素斑の一種です。シミの形が肝臓に似ているために「肝」の文字がついていますが、肝臓機能には関係なく、更年期や経口ピルの服用などで女性ホルモンのバランスが崩れると、メラニン色素が沈着しやすくなると考えられています。肝斑にはトラネキサム酸の内服薬が有効とされていますが、脂漏性角化症に有効なレーザー治療は肝斑は逆効果になります。現在は、市販のお薬にも肝斑に効果があるものが発売されており、個人で手軽に改善できるようになっています。

シミといっても、老人性色素斑のようにレーザー治療が有効なものや、肝斑のように内服薬で色を薄くできるもの、ソバカスのように刺激を与えずに放置することが有効なものなどいろいろあるのです。単なる色素斑は、美白の化粧品を使っても使わなくても、原因さえ除去すれば自然に消えます。「シミができた。高価な美容液を買わなくっちゃ」と思う前に、シミができないために本当は何をすればいいのか、しっかりと考えていただきたいと思います。

化粧品を使わなくても自然に消えるシミもある①

老化と紫外線に関係したシミについて、美白化粧品を使用しても無意味といったお話をすると、「美容液を塗ってシミが消えたという人がいます。やっぱり、化粧品でシミを消すことはできるのではないですか?」といわれることがあります。確かに、シミには幾つかの種類があり、化粧品でも消すことが可能なシミも存在しています。しかし、そんなシミは自然に治ってしまうこともあるのです。つまり、化粧品を使用しなくても消えてしまうシミです。先程お話をした老人性色素斑とは別に、単に 「色素斑」というシミもあります。

色素斑は、肌を指でかく、あるいは、身につけた時計やアクセサリーなどから受ける物理的な刺激でできます。外部から肌に刺激を与え続けることで、もともと肌にあったメラニン色素が沈着し、肌の色が濃くなるのです。外部からの刺激を止めて、肌が正常の状態に戻れば、自然に黒ずみは消えていきます。美白化粧品を使用した後に消えると、「化粧品の効果」と勘違いされやすいのですがそれは間違いです。化粧品で効果を実感しやすいのは、自然に消えるシミであるためと理解していただきたいと思います。

一方、抜け毛の後の毛穴の黒ずみや二キビの後などでも色素斑は起こりやすくなります。これを「炎症性色素沈着」といいます。「炎症性」というと、治療が必要なイメージを持たれやすいのですが、外的な刺激を与えずに細胞の再生を待つことで、これも自然に色素沈着は解消されます。つまり、色素斑については、目くじらを立てて「シミ抜き」をしなくてもいいのです。わかりやすくいえば、「老人性色素斑」がタチの悪いシミならば、「色素斑」はタチのよいシミといえます。

美日化粧品でシミは取れない②

強い紫外線は、体内で細胞を破壊するなど、人間にとっては好ましくありません。ガーゼからハンカチに侵入した紫外線をスポンジまで到達させないために、肌はハンカチにたくさんのメラニン色素を出すのです。メラニン色素は、肌の色に関係する色素です。色を左右するだけでなく、紫外線を防ぐ盾のような役割もしてくれます。強い紫外線を受けると、肌の構造ではハンカチの部分にたくさんメラニン色素ができるため、肌の色は濃くなっていきます。それが日焼けです。日焼けした肌は、秋から冬にかけて紫外線に当たる機会が少なくなると、色は薄れていきます。紫外線が少なければたくさんの盾は不要です。

ハンカチの部分で不要となったメラニン色素は、ガーゼの部分に押し上げられて身体の外に捨てられます。紫外線を浴びて、盾となるメラニン色素が作られ、紫外線が弱くなって不要となったメラニン色素は身体の外に捨てられる。そのサイクルはおよそ1か月です。これをターンオーパーといいます。ターンオーバーの機能が正常であればシミはできません。ところが、細胞が老化してしまうと体外に捨てる機能が上手く働かなくなり、メラニン色素が肌にとどまってしまうのです。しかも、細胞そのものも、老化によって正常に働くことができなくなり、必要のないいわば余分なメラニン色素をどんどん作り出すような暴走まで始まります。

メラニン色素を捨てることができない、加えて、不要なメラニン色素がどんどん作られる。その結果、ハンカチの部分からその下のスポンジの上の部分にまで、メラニン色素は沈殿しまうのです。こうなると、ガーゼの部分に押し上げて捨てることはできません。ホクロや入れ墨と同じで、どんなに洗っても、美白の化粧品を使っても、そのシミは消えないのです。つまり、美白化粧品を使っても無意味。それが老人性色素斑です。さらに、老人性色素斑がやっかいなのは、紫外線に当たると、シミの輪郭が広がるだけでなく色も濃くなり、細胞の不健康な状態を加速させます。

このような状態になった細胞は、以前の細胞とは違った顔を持ち、盛り上がったイボのようになっていくのです。これを「脂漏性角化症」といいます。皮膚科ではレーザーによる治療が盛んに行われているほどよくあるシミともいえます。老人性色素斑を放置すれば、脂漏性角化症に移行して、ひどいシミの状態になってしまう。そうなる前に食い止めることに反対はしません。しかし、肌の老化は美白化粧品では止められないのです。むしろたくさんの化粧品を使うことで、肌にストレスを与えて老化を加速させてしまうこともあります。老人性色素斑の「シミ取り」は、化粧品に期待しないでいただきたいと思います。

ページ移動